7K4A2578

未来の働き方を考えよう

平成2年4月の設立以来、今日の安定した業容を確保するに至っておりますことは、これもひとえに皆様からの格別なお引き立てと暖かいご指導の賜と深く感謝申し上げます。

産廃業務を開始した当時を振り返ってみますと「地域の町並環境清掃の安心できる社会づくり」や「一般住民のボランティア活動への思い」への認識は今ほど高くありませんでした。

弊社は数少ない売上でありましたが、急激な景気回復、産業発展により生活環境が一変。
暖衣飽食の時代を迎える中で、環境問題が大きく取り上げられるようになりました。
そこから官民一体となって「安心できる社会づくり」の環境整備が勇躍決行となったのです。

我々は地域の優良事業所として、法の成果に従い、環境型社会の形成と産業廃棄物処理業の発展に向け一層の貢献して参ります。

現今の変化する情報化時代、変遷する情勢においては、
経営のあり方を日々研鑽しなければならなりません。
社是方針の「信頼と心(思いやり)」はお客様への
安心・満足のため組織一元化と社員の資質の向上に勤めます。

そして、仕事のプロとして技術をマスターし「確実(品の仕分け)、迅速(行動)丁寧(清掃)」
を社員各自が責任をもって実践します。

これらは特別な教育を必要とするのではなく、
社員の長所(善行)を自然に自覚できる価値教育によるものです。
当社の仕事(清掃現場)は生活と企業活動に直接関わります。

社員は、会社の代表(企業人)として常に自覚し、遺漏の無きよう務めてまいります。

国県市町村は、環境保全に伴う「地方創生」にステージを移しております。
産業が変貌する新しい時代ですが、当社は、先見性をもって社員と共に検討し、変化の激しい時勢に適応してまいります。

代表取締役 吉田 邦悦