産業廃棄物の適正処理には、マニフェストが不可欠です。

ひとことで産業廃棄物と言っても、きわめて種類は多くまた種類により処理の方法も異なります。マニフェストを活用して、産業廃棄物を出す事業者が、その種類について正確に知っている必要があります。

産業廃棄物が適正に処理されたか確認や管理をされていますか。マニフェストとは、排出事業者が産業廃棄物の名称、数量、運搬業者、処分業者などを記載し、産業廃棄物の流れを自ら把握・管理するしくみです。廃棄物が処理されたことを最後まで簡単にチェックすることができます。

マニフェストを利用することにより、不適正な処理による環境汚染や、社会問題となっている不法投棄を未然に防止できます。

 

電子マニフェストについて

マニフェスト情報を電子データ化し、排出事業者、収集運搬業者、処分業者の3者間でインターネットを利用し情報処理センターを経由して共有するシステムです。マニフェストの運用・管理が合理化できます。

電子マニフェストシステムの特長

パソコンを活用して簡単に登録、報告ができる
情報を保管するため、マニフェストの5年間の保管が不要
収集運搬、中間処理、最終処分の報告をパソコンで確認できる
マニフェスト情報をダウンロードして活用できる
マニフェスト情報は第三者である情報処理センターが管理・保管します
排出・収集・処分の三者が常にマニフェスト情報を閲覧、監視できます
法で定める登録項目を確認するため入力漏れがありません
処理終了報告期限が近づくと注意喚起し、確認漏れを防止します
管理票に関する報告は情報センターが報告するため、事業者の報告が不要です
マニフェストの紛失の心配がないため、保管義務を確実に遵守できます
排出事業場単位、本社、支店、営業所等の単位でも加入できます

 

電子マニフェスト加入お問合せ先

・各都道府県産業廃棄物協会     ・公益財団法人日本廃棄物処理振興センター(JWNET)

一般社団法人山形県産業廃棄物協会   JWNET